ドイツで妊娠出産子育て

ドイツで子育て奮闘中。妊娠・出産・子育ての記録。現在娘は1歳半です。

不規則抗体 陽性

不規則抗体 陽性

 

妊娠5ヶ月で帰国し、日本で初めての妊婦健診のときにいくつか検査を受けました。

検尿と採血をしただけで、いったい何の検査なのかもよくわかっていませんでしたが、4週後の妊婦健診の時に結果を知らされました。

ほとんどの検査結果が異状なし(-)でしたが、「不規則抗体検査」というもので陽性反応が出ました。

全妊婦の中でも2~3%だそうです。

先生から説明されましたが、動揺していて冷静に聞くことができず、いまいちよくわからないままだったので、家に帰ってから医学書やインターネットでいろいろと調べました。

 

不規則抗体とは

 

赤血球に対する抗体のうち、ABO式(抗A抗体、抗B抗体)以外の抗体。

輸血や妊娠が原因で作られる抗体が多い。

 母体への影響

 

  • 輸血が必要な場合は、溶血しないように持っている不規則抗体が反応しない赤血球を探さないといけない。
 胎児への影響
  •  胎盤を通して母体の不規則抗体が胎児へと移行した場合危険。
  • 胎児の赤血球が溶血すると胎児貧血や胎児水腫(むくみ)、心不全が起こる可能性がある。
  • 出生後に新生児貧血や黄疸を起こす場合がある。
  • 胎盤を通過しにくいものや、常温では反応しない抗体もある。

 私の場合

 

不規則抗体にも様々な種類があり、私はP1抗体でした。

お腹の子の心配ばかりしていましたが、先生から、胎児への影響よりも、母体に何かあったときに大量輸血が必要な場合が注意が必要で、赤ちゃんの心配はしなくていい、大丈夫だよ。と言っていただき安心しました。

出産まで、毎回の妊婦健診で採血をしました。通常の妊婦健診の採血より回数が多くなるため、そのぶんは自費で支払いでした。1回2000円ぐらいだったと思います。

毎回の採血で数値を見て、赤ちゃんへ異常がないか調べていたようです。

 

産後、娘に黄疸が出ることはなく、特に特別な治療は必要ないまま、予定通り1週間後に無事に退院しました。

 

現在妊娠中で、不規則抗体陽性反応が出て不安な方へ

私もとても不安でインターネットで調べたり体験談をブログを書いている人がいないか探したりしました。

娘は現在1歳4ヶ月ですが、健康に育ってくれています。

不規則抗体の種類によって、胎児への影響も様々ですが、あまり不安にならず、心配なことは妊婦健診のときにどんどん質問するといいと思います。私もたくさん質問しました。

どうか、無事に出産できることを祈っています。

f:id:choropin:20170421082853j:plain