読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツで妊娠出産子育て

ドイツで子育て奮闘中。妊娠、出産、育児の記録と海外生活の記録。

妊娠初期1 つわり いつまで続くのか、、、。

産婦人科で内診をしてもらい妊娠していることがわかったのが妊娠6週目のこと。
その頃から少しずつ吐き気があり、食欲はなかったけれど、バナナやヨーグルトをたべることができていた。

☆妊娠7週と4日目
初めての嘔吐。
朝から食欲がなく何も食べることができなかったけれど、お腹の赤ちゃんのためにという何か食べなければと、19時に日本から持ってきていたうどんを茹でて食べた。本日初の食事。
その後、21時に嘔吐。
うどんが全部消化されずに出てきた。

この日からつわりに悩まされることになる。
この頃の日記を見直すと、
19時 豆腐 21時 嘔吐
14時 パン 18時 嘔吐(胃液)
19時 そうめん 21時 嘔吐

など、食べたものと嘔吐したことしか書いていない。
でもまだ10週目までは記録をする余裕があった。
1日中気持ちが悪くてベッドから動けなかったけれど、アプリをする余裕はあったので、ひたすらねこをあつめていた。

☆11週目~15週目
つわりのピーク
この頃の手帳は何も記録が残っていない。
とにかく毎日ひたすら吐いていた。

水を飲んでも吐く
何も食べていないのに吐く
黄色い胃液を吐く
体重は1ヶ月で7㎏減
(結婚式に向けて必死にダイエットして半年で3㎏しか痩せなかったのに、、、いや、必死ではなかった。あの頃は夜食にプリンやケーキを食べていた。)

つらすぎて、とにかく「つわり いつまで」で検索しまくって、体験談を読み漁った。
・妊娠中期にはいつの間にか終わっていました♪
という書き込みをみて希望をもち
・産むまで続きました
という書き込みを見て絶望的になり
を繰り返していた。

緑色の液体を吐いたときは、もうこのまま死ぬのかもしれないと本気で震えた。
人間の体内にあるはずの色じゃない!
もしかして意識が朦朧としすぎて台所用洗剤を飲んだのかもしれない!
思えばドイツへ来てからほとんど外出していない。
わざわざ日本から遠く離れたところまで来て、1日の半分はベッドの上から天井を眺めて過ごし、残りの半分は便器を見て過ごしている。
ベッドからトイレへ行くまでに倒れて夫が帰ってくるまで4時間以上倒れたままだったり、
トイレの便器に頭を突っ込んだ状態で意識がなくなったりしていた。
元気になってから調べると、緑色の液体の正体は胆汁だった。

☆16週目
だんだんとトイレで過ごす時間が短くなっていき、嘔吐がおさまった。
食欲はなかったけれど、水さえも吐いていた頃に比べたら天国のような日々。

そして、18週目に帰国するときにはすっかり食欲も戻り、帰国後、日本食が美味しすぎて減量した7㎏はあっという間に戻りました。



~つわりで悩んでいる方々へ~
私のように
「つわり いつまで」
でこのブログにたどり着いた方もいるかと思います。
きっととってもとっても辛い日々を過ごしているのだと思います。
つわりについては、本当に個人差があり、まったくない人もいれば産むまで続く人もいるそうで、、、

また、私みたいに嘔吐を繰り返す「吐きつわり」の他にも食べていないと気持ちが悪い「食べつわり」や、とにかくつばやヨダレが出続ける「よだれつわり」など、症状も人それぞれ。

私の場合は18週目には食欲も戻り、出産時には体重が増加しすぎて注意されました、、、。中期からは眠りつわりでほとんど毎日寝て過ごしていました。

つわりがひどいとき、「つわりがひどいのは、お腹の赤ちゃんが元気な証拠よ」と言われた言葉を励みになんとか乗り越えることができました。
(もちろんつわりがあってもなくてもお腹の赤ちゃんが元気かどうかとは関係ないと思います。でも、この一言が心の支えでした。)

どうかどうか、1日でも早くつわりがおさまりますように。
元気な赤ちゃんに会える日が楽しみですね!