ドイツで妊娠出産子育て

ドイツと日本での妊娠出産育児の記録。3年半のドイツ生活を経て帰国しました。現在娘は2歳11ヶ月。

耳瘻孔(じろうこう)の痛みと腫れがひかず耳鼻科へ

娘の耳にある先天性耳瘻孔(じろうこう)
痛みと腫れがひかないので、耳鼻科へ連れて行きました。

かかりつけの小児科ではなく、日本人の通訳の方がいるデュッセルドルフの耳鼻科へ。
病院まで行くのに電車で1時間近くかかるけれど、電話予約も日本の方に直接繋がるので、ドイツ語がほとんど話せない私たちには本当にありがたいです。
夫が電話で予約して耳鼻科までついてきてくれました。

通訳の方も、お医者さんもとても親切で、デュッセルドルフまで通うのは大変だろうからと、私が住んでいる市の耳鼻科への紹介状を書いてくださいました。
紹介していただいた耳鼻科はドイツ語しか通じないので、通訳の方を探してついてきてもらわないといけないけれど。

抗生物質、飲み薬と塗り薬の両方処方してもらいました。
f:id:choropin:20171104051218j:plain
飲み薬、瓶に粉が入っていますが、開封してから水を入れることによって液体の飲み薬になります。
冷蔵庫で保管して2週間。
1日3回、症状が治まっても2~3日間飲み続け、あまったものは捨てるようにと言われました。

f:id:choropin:20171104051541j:plain
塗り薬、塗るのは痛がって嫌がるので、寝てからそーっと塗っています。

飲み薬は飲んでくれるか心配でしたが、
「おいしいねー!」
と言って飲んでくれたので安心。
おかわりを欲しがったのをとめるほうが大変でした。

薬が効いてくれますように。

今後も腫れや痛みを繰り返すのならば、手術をしたほうがいいのか、手術をするのならばやはり言葉が通じる日本がいいのか、考えなければいけないところです。
腫れや痛みがなくても、膿や汁が出て臭いが気になったりするとかわいそうですよね。
全身麻酔になるので、慎重に、日本に一時帰国したときに耳鼻科へ行って相談しようと思います。

デュッセルドルフへ行ったついでに日本食も購入できてラッキー!
f:id:choropin:20171104052501j:plain