ドイツで妊娠出産子育て

ドイツで子育て奮闘中。妊娠・出産・子育ての記録。現在娘は1歳10ヶ月です。

新生児のパスポート作成

日本で出産して、2ヶ月の娘を連れてドイツへ✈
パスポートは産まれてすぐから必要なため、産後すぐにパスポートを作成しました。

20歳未満の場合、5年パスポートのみ取得可能です。12歳未満は、手数料が大人より安く、都道府県収入証紙2,000円と収入印紙4,000円の合計6,000円でした。

赤ちゃんのパスポート申請に必要な書類↓
○一般旅券発給申請書1枚 
※20歳未満は5年用
○戸籍抄(謄)本(6ヶ月以内の発行)1通
※家族で同時に申請する場合(戸籍が同一の場合)戸籍謄本は一家族につき1通
○住民票(原則不要)
※私の場合は本籍地と現住所が違うため住民票が必要でした
○本人確認のための書類
※「乳幼児医療証」と「健康保険の被保険者証」を使用しました。(コピー不可)
○写真(6ヶ月以内に撮影したもの)1枚
写真の規格
・ サイズ:縦45mm×横35mm
・ 顔の大きさ:頭頂からあごまでが34mm(誤差2mm以内)

写真を用意するのが一番大変でした!
写真屋さんで撮ってもらうのがいいのでしょうが、まだ生後1ヶ月も経っていない娘を連れていっても、予約した時間に起きていてくれるか、起きていたとしても泣かずにごきげんか、、、
悩んだ結果、自宅でデジカメを使って撮影しました。
お風呂上がりでご機嫌なときに、真っ白のシーツの上に娘を寝かせ、真上から撮影しました。
カメラ目線で「目は開けて、口は閉じる」
のが一番難しく、、、
赤ちゃんって基本、目を閉じて口がポカーンと開いていますよね。私の娘だけでしょうか笑
シーツの上に寝かせているとモゾモゾ動いてシーツがしわになり、時間がかかると泣き出してしまい中止、、、
何度か挑戦してなんとかうまく写真が撮れました。

1年以上経った今、パスポートの写真を見ても別人のよう、髪はないし顔はパンパンだし、、、これを5歳まで使えるのか!?

来月海外旅行予定のためパスポートを準備していたら、娘が自分の写真を見て「あかちゃん!あかちゃん!」と言っていました。
自分とは思っていないようです。