読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツで妊娠出産子育て

ドイツで子育て奮闘中。妊娠、出産、育児の記録と海外生活の記録。

妊娠中の飛行機✈

ドイツへ来てすぐ、妊娠がわかったばかりの頃は、まったくドイツ語が話せない&聞き取れない状態だったので、妊娠中に勉強しよう!と思っていましたが、あまりにも悪阻がひどく毎日吐き続けていたので勉強どころではなく、、、

産院を探すこともできなかったので、日本に帰国して産むことにしました。
f:id:choropin:20170409091158j:plain

JALカード会員だったので航空会社はJALで。
ドイツ~日本のフライトは、片道よりも往復がお得!
産後の予定はまだわからないけれど、とりあえず出産予定日から3ヶ月後、3ヶ月検診を受けてからドイツに戻ってくる予定で、往復チケットを購入しました。



妊娠7ヶ月のときに帰国する予定でしたが、母からもう少し早いほうが安心だよと言われ、妊娠5ヶ月で帰国しました。

帰国する頃には悪阻もすっかりとおさまり、
やっとドイツを楽しめるぞー!と思っていて、
まだお腹も少しだけ出てきたくらいで、体調もいいし、なにより夫と離れるのが寂しくてフランクフルト空港で
「やっぱりあと2か月ぐらい延長しようかな。」
なんて思っていました。

が、飛行機の中で少しお腹が張って苦しくて寝れず、日本に到着したときにはお腹がパンパンに張って心配でした。
やはり12時間越えのフライトは大変ですね。

まだ胎動もあまりわからない頃だったので、お腹の赤ちゃんが無事なのか確認しようがなく、心配で心配で仕方ありませんでした。

日本に到着してから実家まで更に飛行機を乗り継ぎ、空港まで車で迎えに来てもらい、実家についたのはドイツの自宅を出発してから25時間後、、、。
すっかりお腹の張りもなくなっていましたが、体はぐったりと疲れていました。
妊娠してから本当に疲れやすくなったな。

実家でゆっくりお風呂に入って横になっていると少しお腹がポコポコと動いてくれたのでひと安心。

7ヶ月で帰国していたらもっときつかっただろうな。
早めの帰国をすすめてくれた母に感謝。

今回の帰国はJALを利用しましたが、
その後、産後2ヶ月で娘を連れてドイツに戻ったときも、1歳の娘を連れて一時帰国したときも、航空会社はANAを利用しました。
とにかく、大人1人での子連れ旅行にはANAがおすすめです!

詳しくはまた今度記事にします!